はじまりのエッセイ MY WAY カフェ女将道 サイコ流儀01-vol.2

こんばんは。

少し日が空きました。

前回の続きのエッセイです。

 

そう、

したためたのは一昨年の10月頃。

 

だけれども、「今」こうやって

ブログとして皆さんにお伝えできるのは

自然の流れでもあります。

 

前回のストーリーは此方。

saiko.hatenadiary.com

 

【MY WAY カフェ女将道 サイコ流儀01 ストーリー】続きのストーリー

 

さて。

もたらされるお話は、振り返ると、それでも実はある日突然

降って湧いてきたものではなくて・・・

自分でもそれを「願い」

「願う」ばかりでなく行動し

行動しながらも「今」を懸命に精進した

「結果」であると認識しています。

 

しかしながらそのプロセスは決して

「意図」的ではなく、

CALLING(=天命)

と呼ぶにふさわしい

「無意識的」な糸の手繰り寄せ・・・

と言えるでしょう。

 

例えるなら、私自身は操り人形のように、たぶん、大いなる力に

動かされて、私に課せられたお役目を全うできるように

導かれているに違いありません。

ちょっと怪しげに聴こえたらごめんなさい(笑

 

しかし、そんな風に俯瞰して感じられるようになるまでは当然

一朝一夕というわけではありませんでした。

f:id:saikowld:20180302231142j:plain

写真は1998年に最初のカフェ『DESSERT COMPANY』を表参道に開業したばかりの頃、29歳の終わり・・・。当時並行して行っていた音楽活動では「お茶とともにある音楽=茶音」というカフェでのラウンジミュージック仕様のアルバムを出したばかりだった

 

うまくいかなかった時代、

苦労ばかりだった時代、

それでも信念を貫き、

理解を得られないことを言葉にし行動に移し、

発信し続け、

日々を積み重ね精進し、結果、成果を出し、

そうすることで周囲から次第に

発言を認められるようになり、

理解を得られるようになると、

自分が思う事柄を実際に具現化できるような状況が整い、

それが浸透することによって広がって、

より多くの理解者が現れて・・・

 

そうやって繰り返していくうちに、

だんだんと螺旋を描きながら上昇し、

物事もよりスムーズに動かしやすくなって

成果も出しやすくなっていく・・・

というポジティブスパイラルにはまっていくわけです。

・・・・・

 

今日のストーリーはちょこっとショートショートになりました。

To be Continue・・・またこの続きは次のブログにて。