エッセイ 新しい「食」と「農」の取り組み〜サラダ・レボリューションを導きだす迄〜道のりvol.2


3回連続の記事で、私自身がこれまでdaylight kitchenを巡って

ご縁を頂いてきた方々に時節毎にお送りさせて

頂いているメールマガジン・お便りにて

お伝えした内容をそのままブログ記事として綴っています。

その2回目。

 

1回目の記事はコチラ。

saiko.hatenadiary.com

 

29歳だった私が音楽業界から一変し、

食の分野へ参入した動機

「まいにちまいにち繰り返される

食をもっと豊かに愉しくしたい」

というこの目的は

手段を

「カフェ」から

「パブリックの中での食の表現」へ

変容させることで、叶うこととなりました。

f:id:saikowld:20190328205657j:plain

パブリックの中での健やかな食事。何よりも違いがわかるのは、本当にそれが「まいにち」の食事になるから。そしてその食卓はコミュニケーションとなり、食の背景になっている「農」への興味関心へと繋がってゆく。実感するばかりです。

 

食材の担い手=農家さん

料理を通じた繋ぎ手=働く人

受け手=食べてくれるお客さま

この巡りを健やかに循環させて

食卓を通じた寛容で成熟した

コミュニケーションが育む

社会へのアプローチ。

f:id:saikowld:20190328205935j:plain

大きな家族。それがCOMPANY.繋げるのは食卓。健やかなる食とその背景。

 そういったゴールを描くことの

アプローチとして

ご縁をいただいている

社員食堂・社内カフェ・カフェテリア

というお役目は間違いなく

関わる全ての「手」に大きな成果を

もたらすものだという実感があります。

f:id:saikowld:20190328194858j:plain

f:id:saikowld:20190328194853j:plain

食材の担い手にとってはアップダウンがある

商いの現場への納入ではなく、

一日ある程度の数量が出荷できる安定的な

販路が開ける。

繋ぎ手である、働く人、にとっては

安定的なサイクルの労働環境で

安心して働くことができる。

f:id:saikowld:20190328210557j:plain

夜間勤務を伴い、

土日祝日を問わずシフト交替勤務

が無いという意味での

女性が輝ける現場でもあります。

 

△△△△△△△△

 

それは、導入を決めてくださる

受け手=食べてくれるお客さまという意味での

クライアント企業さまにとっても、です。

 

ウエブサイトでご紹介している

導入パートナー企業様を2社

ご紹介します。

スマートニュース株式会社SmartKitchen

elementallife.jp

伸和コントロールズ株式会社en-kitchen

elementallife.jp

 

まずはこちらの記事を読んでいただけましたら

幸いです。

ご提供させていただいている私たちの主観での

成果もまた、随所で綴って参ります。

 

このブログ記事は

(デイライトキッチンでご縁を紡いできた方々へ

メールマガジンとしてお送りしている内容と同様のものです)

私たちがデイライトキッチンの実店舗を卒業させて

導き出そうとしている新しい道。

サラダ・レボリューションという一つの答えを

お伝えするための道のりの物語です。

近くサラダ・レボリューションについてはその実践を

自社メディア

RICE BALL NETWORKを再開し、綴ってまいります。

riceball.network

 

f:id:saikowld:20190328211125j:plain

サラダ・レボリューションは食と農にまつわる実践的なスローガンでありキャンペーン。その行動へは、これまで紡いできたデイライトキッチンから、デザートカンパニーから、そして音楽から・・・ボーダレスな繋がりを深化させ、真価を問うて行きます。


 vol.3へ続きます、どうぞ、読み進めていただくことができましたら

ありがたきシアワセです。

saiko.hatenadiary.com